相続の相談はどこにする?弁護士?税理士?それ以外?

もう数年前の事ですが、前の日までとても元気だった父親が突然亡くなりました。
本当に前の日には一緒に食事をして普通の生活をしていたのに、救急車で病院に運ばれ連絡を受け、駆け付けた病院の霊安室で立ち尽くした記憶があります。
しかも病院も毎日患者さんが亡くなるようで、霊安室の空き次第ではすぐに葬儀社へ引き渡しを依頼されてしまいます。
そのため突然の死を受け入れられないまま葬儀社をどこにするか、病院の紹介(病院の霊安室の当番の業者がいるようです)だったり、その場で見積もりの金額を聞いて他の業者を自分で探すなりしなければなりませんでした。
心の準備もなく父の死を受け入れて葬儀の手配をする、精神的にはここのタイミングが一番辛かったです。
さて、葬儀が終わればほっと一息…でもないんですね、次は相続関係のことをやらなければなりません。
自分は親一人子一人だったもので特段難しいことはありませんでしたが、それでも相続財産がある以上は手続きをしなければなりませんでした。
相続の相談ですが、真っ先に弁護士が思い浮かび実際弁護士に相談しましたが、実は弁護士以外にも相続を相談することができるようです。
弁護士以外では税理士、司法書士などにも相続の相談はできるようです。
相続する財産にもよると思いますが、弁護士や税理士などに相談して手続きをすることで後から変な(?)トラブルに巻き込まれる可能性は低くなると思います。
もし親御さんがご病気などで余命宣告等を受けているようなことがあれば、なるべく早めに相続の相談をしておくことが個人的にはおすすめしたいと思います。