痛くない歯医者が増えるかも

歯医者といえば、大体の人が痛い・怖いといったイメージを持っていると思います。
キーンという歯を削る音イコール削る痛みを想像してしまい、聞いただけで嫌な気持ちになってしまうからです。
しかし、今は患者に痛みを感じさせないように、色々な面で注意を払って治療をする方法が増えてきました。
痛みを与えない治療を無痛治療と言いますが、脳がこの痛みをどのように感じるかは人によって違うので、まったく痛みのない治療をするという事はなかなか難しいけれど、不安と痛みを減らしながらの治療は可能になってきています。
麻酔注射をする前に、ゼリー状の麻酔薬を塗る、貼る、細い針を使う、痛みを やわらげるため、麻酔液をゆっくりと注入するなどです。
歯科治療が怖い人のために快適集中治療(静脈内鎮静法)を行なう所もあります。
局所麻酔を併用して(全身麻酔ではない)治療中は半ば眠った状態で行うので、怖い人だけでなく、忙しいから短期間で済ませたい人、インプラントなど時間のかかる治療の人にも好都合です。
昔は、歯医者で痛くても当たり前でしたが、今は色々な方法が考えられています。
だから、今は逆に痛くない歯医者という方が当たり前になってきているのかもしれません。
不安な人は、気軽に相談したら良いと思います。